fc2ブログ

SSK見学!!

SSKが創立70周年ということで一部ではありますが一般見学向けに開放されました。
まずはシンボルタワー的な250tクレーン。
遠くから見ても大きいですがそばまで行くと迫力が違います(>▽<)

s-IMGP7641-2.jpg


小雨の振る中、大勢の見学者で賑わいました。
s-IMGP7648.jpg


中ほどに取り付けられたプレートに大正弐年竣工と記されています。
s-IMGP7647-3.jpg


一部開放された工場。道路沿いにあるながーい建物です。
s-IMGP7649-2.jpg


比較物がないので大きさがわかりにくいですが、エンジンのクランクシャフトです。
この工場にて加工されているそうです。

s-IMGP7653.jpg


次の見学ポイントへ向かう途中の建物。
年代を感じさせる建物ですが、実は海軍工廠時代からの建物がほとんどです。

s-IMGP7664-2.jpg


今回のメイン会場です。ここから左へ曲がり海のほうへ進むと蛇島(じゃじま)エリアです。
現在は埋め立てでつながっていますが昔は島だったところです。

s-IMGP7665-2.jpg


メイン会場の横でひっそりと解体作業(この日は休みですが)に入っている建物。
実はこれが旧本部でもったいない気が・・・

s-IMGP7667-2.jpg


メイン会場横の第6ドックです。規模の小さいものではありますが我々が見るとやっぱり大きいですよ(>▽<)
s-IMGP7673-2.jpg


6ドック横に詰め掛けた見学者。
s-IMGP7684-2.jpg


その足元にあるプレートには第三船渠、明治三十八年の文字。
現在は第6ドックとして使用されていますが、海軍工廠時代には第三船渠と呼ばれました。

s-IMGP7683-3.jpg


注水が始まりました。皆さんこれを待っていたんです。
s-IMGP7693.jpg


これより(個人的には)メインである第4ドックへ降りていきます。
s-IMGP7696-2.jpg


階段の上から後方を見る。大きさに実感がないヾ(- -;)
s-IMGP7697-2.jpg


そこから下を見ると・・・高っけー!
s-IMGP7701-2.jpg


さらに降りていく途中。
s-IMGP7703-2.jpg


やっと下までたどり着きました。この船がどれくらいの規模なのかわかりませんがでっかいです\(^▽^)/
s-IMGP7709-2.jpg


側壁に取り付けられたプレート。第四船渠となっていますがよく見ると旧第七船渠とも書かれています。
現在では第4ドックとして知られていますが、海軍工廠時代には第七船渠として戦艦武蔵や大和を整備するために極秘で造られた施設だったようです。そのときの名残がないのかと思ったんですが、昭和45年着工の拡張工事によって別物のようになってしまったようですね。

s-IMGP7711.jpg


見学ルートの途中で船底をくぐります。普段絶対に見ることの無い下から見る船。う~ん、鉄の塊。何で浮かぶんだろうと誰かが言ってました(^^)  しかも重量を支えているのは木なんですね、ちょっと驚きましたが枕木と同様、衝撃を吸収するのにいいのかも?
s-IMGP7718-2.jpg


この大きな鉄柱は転ばないように支えているものなんでしょうね。
s-IMGP7721-2.jpg


んで、降りたものは登らなきゃいけないという道理で・・・
s-IMGP7722-2.jpg


4ドック前の道路、今は工場内ですが、SSKバイパスと呼ばれる道路が出来るまではここが一般の道路だったんですよね。
そして道路の向こうに一部残っているコンクリート製の塀がわかるかと思いますが、以前このブログで紹介したこともある「目隠し塀」の一部で施設内を見えなくするための塀の名残です。上から丸見えですけどねヾ(ーー )

s-IMGP7738.jpg


下から見上げるとデカイ!
s-IMGP7740-2.jpg


最後は赤崎側に接岸している船の見学です。
s-IMGP7741.jpg



s-IMGP7743.jpg



s-IMGP7746-2.jpg


艦橋の横から見下ろすとこんな感じ。同規模の貨物船が2隻ならんでいます。
大きな船ですが乗員は20数名だとか。

s-IMGP7747-2.jpg



s-IMGP7749.jpg


あれ?250tクレーンのとこに停泊していた船です。試運転だということでした。
s-IMGP7752.jpg


来場記念の九十九せんぺい。美味しくいただきました。
s-IMGP7757.jpg

休日出勤で出迎えてくれたSSKの皆さん、ありがとうございました( ̄▽ ̄)

スポンサーサイト



プロフィール

山のしんたろう

Author:山のしんたろう
説明するまでもありませんが佐世保市民です。
地元の名所や史跡などをぼちぼちと紹介していきたいと思います。時々市外も出てきますが・・・
更新が滞る事もあるかと思いますがご容赦ください。

最新記事
カテゴリ
カウンターなど
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる