fc2ブログ

焼物の町、三川内

字が達筆なためあまり読めませんが三川内に釜が開いた記念の碑です。
s-R0011105-2.jpg


三川内焼は平戸藩御用達の釜として献上品を焼いていたそうです。そのため、旧名称は平戸焼とも呼ばれていました。
代官所の跡があり、ここで献上品の検査を行っていたようです。

s-R0011108-2.jpg


代官所跡。建物はありませんが建物の礎石が並んでいます。
s-R0011110-2.jpg


参考までに。三川内焼といえばこのような細工の施されたもの。
s-R0011800.jpg


そして三川内焼の代名詞ともいえる唐子。献上品にはこのように7人の唐子が書かれています。
2品ともコレクターのご好意により撮影させてもらいました。

s-R0011806.jpg


町の中を左上に上っていくと御用釜を勤めた今村家の祖先を祀る陶祖神社があります。
s-R0011094-2.jpg



s-R0011092-2.jpg



s-R0011097-2.jpg



s-R0011099-2.jpg


高いところから見渡すといたるところに釜の煙突が建っています。
s-R0011137.jpg
スポンサーサイト



三川内陶器市 三川内町

三川内町にて三川内陶器市が開催されました。
s-R0012317.jpg


早い時間からの大賑わい!
s-R0012315.jpg


所狭しと並べられた陶器。
s-R0012309.jpg


窯元が直接出店し、通常よりもかなりお得な価格で買えるそうです。
s-R0012310.jpg


名物?のかごセール。お気に入りを探す人が入れ替わり立ち代り・・・
s-R0012316.jpg


見た目にもきれいなカップ、安くはなさそう・・・
s-R0012314.jpg


サイズいろいろのタヌキが並んでました(*`▼´*)
s-R0012308.jpg


今回非常に気になった「うぶすな堂」
s-R0012311.jpg


通常の食器も良かったんですが奥に並べられた魔よけ的な置物。
s-R0012312.jpg


ちょっと欲しいかもと思って値段を確認したら・・・ギョΣ(・口・)
当然ですよねぇ、またの機会に。

s-R0012313.jpg


結局購入したのはうぶすなさんのカップと性懲りもなくタヌキ(●⌒∇⌒●)
s-IMGP3962.jpg
プロフィール

山のしんたろう

Author:山のしんたろう
説明するまでもありませんが佐世保市民です。
地元の名所や史跡などをぼちぼちと紹介していきたいと思います。時々市外も出てきますが・・・
更新が滞る事もあるかと思いますがご容赦ください。

最新記事
カテゴリ
カウンターなど
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる